FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【微ネタバレ】「カラフル」の読書感想

カラフル (文春文庫)
カラフル (文春文庫)
posted with amazlet at 15.10.30
森 絵都
文藝春秋
売り上げランキング: 1,501


どんなジャンルの物語にも、「謎解き」は挿入できる。
私が最初にそのことを実感した小説は、ライトノベル「灼眼のシャナ」第一巻であった。しかしその効果までもをはっきりと思い知らされたのは、まさにこの「カラフル」だったと言っていい。

この作品は決してミステリではないし、分類するとすれば、謎解きというジャンルにはなんら関係の無い児童文学や青春小説の類に入ると思われる。
ただし、この物語にはあるひとつの「解き明かされるべき謎」が存在する。
その謎は最初からずっとあるが、序盤はその重要度が低く、普通に物語を読んでいくぶんには置いておいてもよい謎だ。
しかし読み進めるにつれて、物語の構造の中でその謎の重要度が増していく。

この物語を理解するためには、その謎を必ず解き明かさなければならない。
これがとても重要なことなのだ。
ただ、この「解き明かす」と言うのには、もちろん「物語の中での種明かしによって解答を知る」というのも入る。必ずしも「完全に自力で」謎解きをする必要は無い。
ヒントというか、230ページで核心に近い決定的な台詞は出てくるし、さらに234ページまで読めば答えそのものが明かされる。
それも含めて、とにかくこの謎が解けた瞬間、物語は一気に変貌する。
その瞬間までの物語も、ちゃんとひとつの物語として成立しているし、それはそれで非常に面白かった。
しかし、それは「カラフル」の本当の物語ではない。
では234ページからの残りの、わずか10ページちょっとが本当の「カラフル」かというと、そういうわけでもない。

234ページまでの全ての物語が、謎を解き明かした状態ではじめて、本当の「カラフル」の物語となるのだ。

当然、初読ではその状態にならないので、それはそれで非常に読み応えのある、表面上の物語を読む。
そして、謎を解き明かした瞬間の、その一秒にも満たない間に、それまでに読み進めてきた記憶が、過去へとさかのぼって「本当のカラフルを読んだ記憶」へと変化する。

私はというと、230ページの「核心的なヒント」によって、真相を知った。それはちょうど主人公が謎を解いた瞬間でもある。つまり、私は主人公と全く同時にこの物語を理解したわけだ。
それはまるで、何かが爆発したかのような体験だった。
こんなことがあるのか、と思った。
今までに小説を読んで、ワクワクしたこと、ドキドキしたこと、楽しいこと悲しいこと、そういう感情を与えられたことはいくらでもあった。
しかし、こういったタイプの、「快感」と呼べる感情を読書から与えられたのは、この時が初めてだったと思う。
まさにこの瞬間、私は「物語を解き明かす快感」の虜になってしまったのだ。

物語と「謎解き」の親和性は、推理小説の中にしかないと思っていた。
しかし、この本を読んで知った。どんなジャンルにも、謎解きは入る余地がある。いやむしろ、入るべきであると。
「刹那の間に物語の全てを読む」という体験は、「謎」を解くことによってしか生まれない。
もちろん、単にミニゲーム的に謎解きがあるのとは意味が違う。「カラフル」では、主軸となっている物語構造の中で「謎」の占める重要度が極めて大きく、物語と謎が相互に密着していることが何より重要だったのだ。

私の読書傾向や、物語に対する向き合い方はこの時から大きく偏ってしまった。
この体験の後、米澤穂信を読み、アガサ・クリスティを読み、西澤保彦を読み……とどんどんミステリ方面へ傾倒していくことになるのだが、全てはこのときの体験、「物語の謎を解き明かすことで、全体が一変する」という快感を再び得ようという動機があると思われる。
しかし良く考えれば、別にミステリを読む必要は無いのだ。
ミステリでは、「謎」そのものが主役であり、「謎を解くこと」こそが物語の主軸となってしまう。
それでは、「物語と密着した謎」の存在によって物語そのものを反転させるという効果はむしろ得られない。
「カラフル」のように、謎を主軸としないジャンルにこそ、このような体験が潜んでいるのかもしれない。

ところで、この感想を「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の直後に書いたのは意味がある。
「カラフル」によって、私は謎を解くことの快感を知り、物語に対する意識が偏ってしまった。
それから少し極端になりすぎてしまったのだろう。私はとにかく「種明かしより前に物語を暴いてしまおう」という意識で読書に望む体勢になっていた。
しかし前回書いたように、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」では読む前から謎が解けている状態であった。つまり、その時の私の意識からすれば、物語を読み、謎を解くことによって得られる感動は既に吸い出されてしまったことになる。
にもかかわらず、私はその物語で感動させられた。
「謎解きの感動」を教えてくれた「カラフル」に、「謎解きに頼らない感動」を取り戻してくれた「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。この二冊は間違いなく、私の読書経験を語る上で外せない二冊なのだ。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。