スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年の創作について考えたいことの一覧表

最近、というよりここ6年ほどの創作文化の土壌について、色々と語りたいことがありすぎる。
それなのに、まだ考えが固まりきっていないせいで、何一つとして表に出せないので困っている。

この前、「表出できない考えはないのと同じ」みたいな名言を見て、どうしても語らないとと思うようになって、
それでも今の状態では何も論理的に話せないから、せめて自分がどういうことを語りたいか、という材料だけでも、書き散らかしておこうと思った。
これが備忘録になり、本論のための起爆剤になり、いつか書くという決意の持続になり、そいて、同じようなことを考えている方々への材料になりますように。


娯楽の無料化のような現象が起きている?

ゲーム:無料化の一途、だが単純な無料化とは言えない?
・フリーゲームの流行:特に「夢現」「ふりーむ」の隆盛。2010年以降爆発?ニコ動でのホラーゲー実況とか(青鬼、霧雨)
・ブラウザゲーム:脱出ゲーム、艦これ系、クリッカー系(放置系)
・スマホゲー(基本無料とかガチャとか)
・街のゲーム屋さんが消えた、アマゾンのせいか、それとも上記無料ゲームのせいか
・同人ゲームの土壌(東方やひぐらしなど)はこの流れに関係あるか?

小説:二極化?
・Web小説:小説家になろう、Eエブリスタ、アルファポリス
・ラノベ:有名既存作の新作と、オタク性あるいは幼稚性を感じる新規作ばかりが入荷される現状
・ライトミステリの増加:ゴシックや氷菓のアニメ化、「謎解き乙女」
・一般文芸への萌え文化・キャラ偏重文化の浸透
・中間レーベルの爆発的流行:メディアワークス文庫、新潮社Nex、講談社タイガ、ノベルゼロ
・今までの「いわゆるラノベ」が曖昧な状態から二つに分かれて、片方はネット文芸、片方は中間レーベルやライトミステリに取り込まれた?
・ある程度のレベルの小説が無料で読める時代。それでも小説は売れている(新レーベルが続々出るのがその証明)。何故?

漫画:無料化なのか邪道化なのか?
・Web漫画:無料で読める、ニッチなジャンルや作風、絵の綺麗さを追求しない
・Web漫画出身の正規本出版ブーム:となりのヤンジャン、ジャンプ+、堀宮、琴浦さん
・ジャンプの変質:ワンピ・ナルト・ブリーチから暗殺・ワートリ・ヒロアカへ、王道の拒否?
・青年誌ブーム:テラフォ、東京喰種、ブリュンヒルデ。進撃の巨人は別マガだが系統が近い。アニメ化。「このマンガがすごい」。
・少女漫画の少年漫画化、少年漫画の少女漫画化
・全体的に邪道や意外性のある物を求めている?
・Web漫画は無料性をウリにしつつも、無料はそこまで必須要素ではない?Web版読者に単行本を買わせているものは何?

音楽:無料化の一途だが金は使う
・VOCALOID、同人音楽
・AppleMusicだったりデジタルシングルの販売だったり
・無料で聞けるボカロ曲のCDを買う理由は何か?

その他
・ブログの流行が新書の役割を取っている気がする
・いいねやお気に入り、評価をやりとりする社会
・テンプレに対する忌避と、逆に受け入れのスタンスが存在する謎


Web文化の受け入れが進んでいる?

・アニメ化されたWeb小説
SAO:著者のウェブサイト発
まおゆう:2ちゃんねるのSS発祥
魔法科高校、ログホライズン、ダンまち、オーバーロード、このすば:小説家になろう発
GATE:アルファポリス発

いずれも書籍化を挟んでいる。大幅な改変あり
初期は電撃など既存文庫により受け入れ、現在は専用レーベルの増加
今のところ専用レーベルのラノベからのアニメ化はない(単行本からはまおゆうやオーバーロード、GATEがあるが)

・ワンパンマンという奇跡(個人サイト→となりのヤンジャン→単行本→アニメ)

(・逆に氷菓やハルチカなどライトミステリのアニメ化も進んでいる)

・ボカロ曲の小説化、フリーゲームの小説化
カゲロウプロジェクト

・ボカロPやニコ動活動者のプロ化
ヒャダインは少し違うが起爆的役割にはなった
supersell、livetune、Junky、samfree
Gero、そらる、ナノ、ちょうちょ、ZAQ
他にもすごいたくさん

・スマホゲーやブラウザゲーのアニメ化
アイマス、ディバインゲート、艦これ

・朝帯ワイドショーなどによるWeb文化の積極的な紹介、あるいはまとめサイト
「オタク」が忌避されていない
オタク的文化を綺麗なものとして浸透させようという意図を感じる、逆に汚い部分の隠蔽など
Webに対する付き合い方が「無い物とする、別世界として触れない」から「巧く乗っかって操縦する」に変わった
おーぷん2ちゃんねる


原点回帰傾向?

テンプレや王道、純愛、正統派といったものが再び評価され始めた

昔の作品を再評価、およびリアレンジする向き

小説家になろうにおけるテンプレ偏重主義、および「スコッパー」の存在


上記の全ての話題が無関係ではないように思える

何かあとひとつキーワードがあれば、これらが全部連環をなす夢が見える

何か新しいことを考えたら追加するか、本論がかけそうになったらそちらに移行します。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。